節約にも上手、下手がある!即刻始める、我慢のいらない節約術!

「節約」と聞くと、皆さんはどんなことを思い浮かべるでしょうか。スーパーで上手に買い物をする結果食費を削る、外食の回数を減らす、電気のスイッチをこまめに消したり、残り湯を再利用したりする結果水道光熱費を削る、新聞を購読するのを止める、化粧水を手作りする、クリーニングに出さずにできるだけ手洗いする、節約の方法は枚挙に暇がないほどたくさんあります。
でも、毎日涙ぐましい我慢や努力をして10円、50円単位の節約をつつも、なかなか長続きはしないものです。それに、家計簿をつけてみると頑張った割合は節約効果が小さいに関してに気付いて、かえって悩みが深くなった、などという話も聞きます。
でも実は、節約にはちょっとしたコツがあるのです。それは、3つのルールを元に、プライオリティーをつけて出費をリストラしていくということです。
その3つのルールは、①:金額が大きいもの>小さいもの、②:効果が持続する>効果が持続しないもの、③:我慢が不要なもの>必要なもの、これらのルールに従って、ぴったり当てはまるものから順番に着手していけば、毎日涙ぐましい我慢や努力をしなくても、出費のリストラ効果大です。
しかも、一度手をつければ効果がずっと続くのも嬉しいところでしょう。家計も気持ちも、ぐーんと楽になります。節約で疲弊せず、効率的に続けるためには、自分の「こだわりポイント」をはっきりさせておくことも重要です。人には誰しも、こだわりたいポイント、譲っても気にならないポイントがあるものです。
お金の使い方も同じです。人によって「どんなに食費を削ってでも車にだけはお金をかけたい」「着るものは何でも構わないけれど生き甲斐です毎晩のお酒は止められない」「親として、子どもの学資だけはケチりたくない」など色々な徳義心があることでしょう。そうしたお金の使い方に対する徳義心をはっきりさせれば、どこを削るべきか、どこならストレスなく節約できそうかが自ずと見えてきます。鼻ニキビは誰にもできますが、リメリーで治りますか?