ダイエットのための食事制限と筋トレ方法

筋トレは元々好みだったのですが、学生時代も終わり社会人になり、運動する機会も減って体重が増えたことが原因で、更に取り組もうと思い再始動しました。
筋トレと共に食事制限も。
筋トレで大変だったことは、今まで自己流でトレーニングしていた結果、ちゃんとした規則正しい外観が身についておらず、ふさわしい外観を習得することが最初は面倒でした。
ので、最初はトレーナーをつけて、みっちり教えていただきました。あとは、縁台圧迫などを扱うところ、一人ではなんとなく盛りだくさんがあり、相手やトレーナーをつけて、一緒に行って味わう態度。重さのあるバーベルにおいていると、結構自分の限界に達したところ、最後の人気が出せずに持ち上がらない。そんな時に、相手がいないと怪我をしかねないからです。
相手、トレーナーがいるは、面倒大きな人気になり、自分では盛りだくさんとしていても声をかけてもらえることにより、自分が思っている以上の力を作り出せる種目、競い合って講義できる点などに影響を与えて頂ける。
自分に甘えることなく、限界まで強めることができると思います。
筋トレを通じてよかったことは、バランスよく鍛え上げる結果以前からあった腰痛がなくなったことです。
また、食事制限(炭水化物を引き抜く)を併用する結果、筋肉件数は付け足しつつカラダ脂肪だけを落とすことができ、2ヶ月で8Kg落とすことができました。
筋肉件数が広がる結果、布石入れ替わりものぼり、以前よりは太りにくい通例になったのではないかと感じています。